クラチャイダム 頭痛

クラチャイダムは頭痛を悪化させることもある

クラチャイダムは頭痛を悪化させることもある

副作用

 

クラチャイダムと頭痛の関係とは??

 

クラチャイダムを摂取するときに気をつけたいのは、頭痛で苦しんでいる時にはやめておくということです。

 

クラチャイダムは痛みをひどくしてしまうといわれています。
体調不良の時は摂取するのをやめておくことが重要です。

 

クラチャイダムで頭痛が生じるのではなく、あくまでも痛いときに摂取するとより悪化するということになります。

 

どうして悪化してしまうのかというとアルギニンの作用のためです。

 

 

アルギニンが血管を拡張するため体調に合わせて使おう!

 

勃起に必須な一酸化窒素をつくるのを助けるアルギニンは、男性機能にとっては重要です。

 

一酸化窒素がつくられると、血管が拡張します。
血の巡りが良くなりますが、時には悪い作用となってしまうこともあるのです。

 

痛みは血管が広がったりした場合に起こるので、アルギニンによってさらに促進されてしまいます。

 

偏頭痛という種類の場合には血管の拡張がひどくなって生じるので注意が必要です。
血管は広がるとひどくなる場合があるのです。

 

クラチャイダムの成分であるアルギニンが血管を広げる作用をするとやはり頭痛はひどくなるといえるでしょう。

 

痛むときだけ摂取を控えればよいだけですから、体調が良い時に飲む分には問題ないでしょう。

 

摂取するときにはちゃんと自分の体調を考慮して飲むことが大切であるといえます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ